【シャドバ】最強候補カードが目白押し!ORSアディショナルカード 2Pick事前評価

シャドバのプロが新カードを評価・考察!

さにです。オーダーシフト/ORSも気が付けば3か月目が見えています。

今回もアディショナルカードの2Pick評価を行っていきます。

前回(ミスタルシアの英雄/HOR)の評価アディショナルカードの考え方記事も併せてどうぞ。

今回は2Pickでやたら暴れそうなカードが多くなっています。最強か?みたいなものもちらほら。

この記事を書いた人

二択の天才職人さに

名古屋OJA ベビースター さに

名古屋OJA ベビースター所属のeスポーツ選手。

プロのゲームは、Shadowverse(シャドウバース)。

理系大学院卒の地頭の良さをShadowverseでも発揮。

2Picker最強といっても過言ではない。

目次

【シャドバ】カード評価基準

前回と同じものの再掲です。

いつもD~Sなどで評価している方が多いと思いますが、100点満点でいきたいと思います。

基本的に「デッキなどの前提条件が無い時にどのくらいピックしたいか」を示しており、50点が「あっても無くても特にピックが変わらない」、100点が「どんな選択肢でもピックする」、0点が「どんな選択肢でも避ける」といった感じです。

よくあるD~S評価との対応は脳内では大体以下の通り。

S:90~100点
A:70~89点
B:50~69点
C:35~49点
D:0~34点

さに

大体5点刻みになるんですが……

前回ミスタルシアの英雄/HORの評価!

【シャドバ】注目の新アディショナルカード

※この記事は、2023年11月15日時点に執筆した内容になります。

全カード評価は最後に。

さに

ここでは気になるカードについて紹介します。

デミゴッド・ギルガメッシュ

全クラスに出現するニュートラルレジェンドでありながら《キルザエル》を彷彿とさせる効果

打点が1多く破壊するフォロワーを選べるものの、回復が無く盤面もそこまで強くないという違いがあります。

現在の環境では5/5と比較したとき6/6に特筆すべき強さがある、という話はしてもいいですが。

他にも《エンキドゥ》進化時の6/6で上から踏める範囲が《撃針の看守》より広いなどの違いはありますが、主にスタッツと守護の数の分で基本的にはキルザエルよりやや劣るくらいのカードだと思います。

えぇ!?キルザエルってちょっと弱くしてもまだ全然強くないですか!?ということでこのカード自体は強いです。

90点。《配達の翼人》や《リジッドフィッシュ》へのカウンターとして強烈。

さに

ちなみに《アンタニタ》で増やしたいニュートラルカードNo.1です。

イベイジョンマーセナリー

今回一番のヤバカード。98点

着地が簡単かつ着地した時点で既に体力を削れているうえ、《ハレゼナ》と同じような除去耐性からの1ターン残るだけでほぼ勝ちのカードです。

唯一残念なポイントがあるとしたら《ウェポンアルミラージ》《断罪の祈り》を擁しており除去が一番楽なビショップがTier1なことです。

さに

他のクラスは処理するのめっちゃきつそうなのに……

それでも前述の通り一定の仕事はしているので割と最強カード。

ロイヤル自体が下火なものの《双剣使い》や《ガルドル》を凌ぐ優先度1位のカードになるのではないでしょうか。

夕闇の人狼・ルージュ&ヴェール

相手の盤面が5面あると更地にして必殺が残って5点ダメージが入ってついでにリーダー付与が残ります。凄くね?

リーダー付与効果も《狂想曲》を筆頭にそこそこ働いて「勝つカード」になってくれそうなので高評価。

95点です。

《鍵盤の悪鬼》《シルバースナイプ》が狂乱達成後に自傷しないのが残念ですが他にも《取引》《一裂き》、《デモンビーター》《バイオレントスクリーム》などなど。

リーダー付与でありながら着地ターンがここまで強いカードはなかなか見ません。

さに

期待の新人。

ヘルヴォール

続けて同じヴァンパイアのカード。

《アーティフィシャルエデン》を使っていると分かりますが、盤面を綺麗にしながら7点も回復すると結構いろいろな無理が通ります。

エデンと違ってクソデカ守護が立たないので少し違いますが……

ヴァンパイアは特に積極的にEPを温存していきたいクラスなので、これでリソースを稼ぎながら緩急をつけていくのは強い行動でしょう。90点

これのせいで8Tの《ノートリアスジェネラル》がケアできない!みたいな状況が容易に想像できます。

さに

高レアの新カードが6枚全部強いのは相当気分がよさそう。

ドゥルガー

8コスト6点という打点はそれなり止まりですが、ちゃんと盤面を処理しながら走れるので9の《ドワーフ》《オベロン》が強いターンに繋げやすいです。

出てくる《ホワイトタイガー》の守護は当然のこと選択不可が地味に偉く、止められる打点の範囲が結構広そうです。

アクセラレートの方は4プレイが結構大変なためオマケ寄りですが(構築と逆ですね)、《眺望のエルフ》でウィスプを2枚加えた《雄々しき集い》8PP15点10PP19点などに添えると強いかも。90点

特筆すべき点としては、攻撃力5以上のフィニッシャーは《野生の目覚め》でサーチできるためゲームに絡む確率が他クラスよりだいぶ高いです。

さに

集いなんかにはない偉いポイント。

ちなみにホワイトタイガーがビショップ・カードなためカステルカウントは1しか進まないので注意。

この光景《領域のルナール》で見たことがある……

ミリオンガンズ・アンタニタ

2Pickの歴史においてネメシスのコピー系カードはさんざん悪さをしてきました。《ハーメルン》《廃品の選別》《知恵のホムンクルス》など。

進化しないとネメシス・カードが増やせないということである程度のセーフティがかかっていますが、今期は《エデン》《キルザエル》《ディメンションクラック》などの連打するだけで勝てるカードがあるため勝利貢献度は高そうです。

単独ではちょっと偉いリソースフォロワー止まりであること、進化が必要なことなどから迷いましたが、高レア以外でも強めのカードを増やすだけで偉いこともあり80点

さに

1コストになったアーティファクトは元のコストに戻ってしまうため注意。

2Pickアディショナルカードの考え方

AD

全カード評価

2Pick番長が多く紹介が長くなってしまいました。

さに

全カードの評価はこんな感じです。

(タップで拡大)

今回は派手なカードが多くて使うのが楽しみです。

皆さんも《アンタニタ》で《ギルガメッシュ》と《エデン》をコピーして天下無双感を味わっていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次