【シャドバ】プロさに選手がRSPT 23-24 2nd Season本戦における2Pick観戦ポイントを解説【前編】

シャドバのプロさに選手がRSPT 23-24 2nd season本戦 2pick観戦ガイド!

さにです。

RSPT 23-24 1st Seasonでも同じ趣旨の記事を書きましたが、今回2nd SeasonのHOR環境でも観戦ガイドを書きたいと思います。

今回も「クラス順位」「2Pick番長カード」と2つのポイントを中心にしていきます。よろしくお願いします。

またちょっと長くなってしまったので前半後半4クラスずつでいきたいと思います。

この記事を書いた人

二択の天才職人さに

名古屋OJA ベビースター さに

名古屋OJA ベビースター所属のeスポーツ選手。

プロのゲームは、Shadowverse(シャドウバース)。

理系大学院卒の地頭の良さをShadowverseでも発揮。

2Picker最強といっても過言ではない。

目次

【シャドバ】RSPT 23-24 2nd Season本戦 2Pick観戦ポイント

クラスTier

今回も「一般的なクラス順位」の話をしたい……のですが、だいぶ混沌とした環境になっています。

一応RSPT予選での使用率・選択率を参考にした「3週間前の」「プロ8名のみの」「推定」クラスTierはこんな感じです。

Tier1
エルフ
Tier2
ウィッチ、ビショップ、ネメシス
Tier3
ネクロマンサー、ヴァンパイア、ドラゴン
Tier4
ロイヤル

全体を均すとこんな感じではあるんですが、

oyaさんはウィッチエルフロイヤルネクロビショネメだったり、

Forestさんはエルフネメビショヴァンプウィッチロイヤルだったりぐちゃぐちゃです。

自分はエルフウィッチネメドラネクロビショでした。

「エルフが強い」のだけはひとまず満場一致(※2位の人もいる)っぽいのですが、その他は本当に2~6位~BANまでバラバラです。

「ビショップ・ヴァンパイアが強いか弱いか」の認識に特に個人差があった印象です。

そこから3週間が経つ訳ですが、下位クラスと目されていたヴァンパイアやロイヤルでも有志による攻略ガイドが公開され、まだまだ順位が入れ替わる可能性はありそうです。

さに

4名の選手が見せる順位にご期待ください。

各クラスの戦い方と注目カード【前編】

今期の各クラスのゲーム展開および、2Pick特有の中心となるカードについて見ていきます。

シャドバカード画像は主に「ローテーションだけやっているとあまり目にする機会のないカード」を中心に選ばれています。

前編はシャドバのクラス「エルフ、ウィッチ、ビショップ、ネメシス」です。

2nd Season後編はこちら!

エルフ

さに

おそらく今期最重要クラスでしょう。長めに解説します。

前期AOAアディショナル環境の基本部分を引き継いでいます。

掲示によってややばらつきますが、《農作のエルフ》《伐採斧のドワーフ》《カステル》が強力なため、多くの場合まずは「エルフ・フォロワーが場を離れた数」(以下カステルカウント)を手早く10にすることを目指します。

農作のエルフ
(出典:shadowverse.jp)
伐採斧のドワーフ
(出典:shadowverse.jp)

その際に非常に強力で、それ以降も独自の役割を持っている新カードが《オタカラトンボ》です。

オタカラトンボ
(出典:shadowverse.jp)

4コスト1枚で4カステルカウントが稼げるのはカウント10の高速達成に大きく寄与するため、AOAのカードから新弾ボーナス(知らない場合解説記事もご参照ください)が無くなってもそこまで達成速度が落ちていません。

まあまあの頻度で6ターン農作が着地します。

エンハンス7のドレインも強力で、全クラス通して相手の打点に対して回復が不足しがちな今環境において、「負けない」耐久プランをある程度可能にしています。

これらの基本的なスペックに加え、バウンス(手札戻し)との相性が非常によく実質枚数を水増しできるのがこのカードの大きな強みです。

5ターントンボ+《フラワーブリーズ》《根深き手の異形》、6ターントンボ+《サルビア》《アネモネ》《救援のエルフ》《ゲイルピアース》をすればカステルカウントを4稼ぎながら回復を構えるorもう4カウント稼げます。

更に8ターン以降のエンハンス7をバウンスすることで、大量の回復による「相手リソース枯らしプラン」が成立します。

そして《カステル》との相性も抜群で、1コストのフォロワーを4面展開できて更にドレインの攻撃力が上がるので、バウンスを繰り返してのカウント20達成からそのままリーサル回避し、盤面の強さからフィニッシャーになることもできます。

正直トンボ以外の低レアの新カードはイマイチなものが多いのですが、この1枚だけでクラスパワーが大きく底上げされていることは間違いありません。

さに

また、フィニッシャーとしては《オベロン》が追加されました。

oberon
(出典:shadowverse.jp)

アクセラレートの30プレイは基本的に無理なので9コスト16点の運用になるのですが、打点が高すぎてめちゃくちゃケアされがちです。

相手の守護・回復が尽きたら、もしくは盤面を取り切ったら最後に通るカード、という感じ。

これらを駆使して、基本的には「前期の強いデッキwithトンボとオベロン」というのが一番強い上振れデッキだとは思っています。

今期はやや新カードのパワーレベルが低く、全クラス通して過去の遺産で戦うことが多いです。

強力な守護が多いのも売りです。

今期は疾走による大型打点フィニッシャーが多いため、《農作》《ビーストランサー》、エンハンス《伐採斧》で強い盤面を作りながら(≒勝ちに繋がる行動をしながら)リーサルから逃れられることが独自の強みになっています。

さに

今期のビーストランサーは強いぞ。

ビーストランサー
(出典:shadowverse.jp)

他、サルビアアネモネの小型守護など。

新カード《ヴァータントジャイアント》は守護ですが弱いのであんまり取りません。

前期もそうだったのですが《野生の目覚め》のサーチによってフィニッシャーをゲーム中にプレイできる確率が高まっている、いわゆる「再現性の高さ」も強みです。

野生の目覚め
(出典:shadowverse.jp)

今期加わった《女王の厚意》も似た機能は持っているのですが、こちらはテンポが悪く少し撃ちづらいです。

さに

撃てれば強い。

女王の厚意
(出典:shadowverse.jp)

《レイン》はなんだか安定しなさそうなテキストをしていますが、強いニュートラルカードにスペルが多いため、思いの外サーチ先が絞れ、1/2くらいならよくあります。

それでもカステルカウント進行にあまり寄与しないため微妙なカードではありますが、初手で強いニュートラルレジェンドが取れたりしたときは結構注目していいカードだと思います。

恵みの祈願・レイン
(出典:shadowverse.jp)

とまあ一通り話しましたがまとめます。

さに

全体を通してのプランは主に以下の複数を組み合わせた感じになります。

  • 《オベロン》《雄々しき集い》《コスモスファング》などの大打点フィニッシュ
  • 《伐採斧》《カステル》などの巨大盤面フィニッシュ
  • 《農作》《ビーストランサー》などの早期盤面制圧
  • 《オタカラトンボ》《ソードラビット》の連打によるリソース枯らし
  • 《サルビア》《アネモネ》《トンボ》等による横並べ

新カード《タイガーガール》《冷徹のダークエルフ》は着地しやすさにはやや不安がありますが、盤面を取った後の打点にはなります。

これらと高レア特大打点の存在により割と1ターン処理不能盤面を作ったら押し切れるため、基本的には盤面勝ちを目指します。

16点、11点などの巨大打点もありつつ盤面で戦うクラスといえるでしょう。

複数種類のバウンスやサーチによってこれらのプランの再現性が高く、回復と守護の多さにより防御力もあり、安定したクラスです。

バウンス捌き、トンボの取捨選択などに注目しながら観戦しましょう。

1st Seasonの観戦ポイント!

AD

ウィッチ

前期と似た戦い方をするクラスが多い中、とても大きな方向転換があったのがこのクラスです。

大量追加された土の秘術カードと打点カードを使ってバーンデッキ気味に勝ちを目指します。

スタックを追加する側のカードは《インスタントテイマー》《グリュネ》《景観の魔導師》《束縛術式》あたりがメインです。

インスタントテイマー
(出典:shadowverse.jp)
ルナルの教会長・グリュネ
(出典:shadowverse.jp)
景観の魔導師
(出典:shadowverse.jp)
束縛術式
(出典:shadowverse.jp)

テイマーと景観は高コストモードでも使える便利なカード、グリュネはかなり強力な進化時効果を持ち打点もくれる後手捲りカードということでこの辺はガンガン取ります。束縛術式は割と諸説ある。

他に《群青の魔女》もまあまあ土として使いますが、こちらは本体がバーンデッキにおいて強いので状況に応じてという感じ。《トリックアロー》はちょっと弱いです。

群青の魔女
(出典:shadowverse.jp)

土を使う側は《マルチプルウィザード》の頻度が一番高く、更に強力フィニッシャーとして《レヴィ》《エンペラーゴーレム》がいます。

マルチプルウィザード
(出典:shadowverse.jp)

マルチプルウィザードは自分で土を1枚補ってくれる便利なリソース・テンポカード。

巡りの大魔術師・レヴィ
(出典:shadowverse.jp)

レヴィは最強フィニッシャーです。

さに

こいつに進化を切られるとマジで受け切れません。

エンペラーゴーレム
(出典:shadowverse.jp)

エンペラーゴーレムはアクセラレートはあまり使わず本体で打点を入れながら盤面制圧する感じです。

このうちのフィニッシャー2枚の再現性を高めてくれているのが《使い魔との契約》。

使い魔との契約
(出典:shadowverse.jp)

スタックを消費できるカード自体はそこそこあるのですが、これのサーチ対象はなんとカードプールに4種類しかありません。

《レヴィ》《エンペラーゴーレム》《パメラ》《クリスタルウィッチ》のみです。

1枚しかないレヴィもサーチして高頻度で使えるのが嬉しいところです。ついでに1スタックにもなります。

土の秘術まわりの他に中心になるカードとしては、まず《ラットマジシャン》が挙げられます。

ラットマジシャン
(出典:shadowverse.jp)
ネズミ神殿
(出典:shadowverse.jp)

これの単純な打点・カードパワーと後攻補助性能がとにかく偉い。累計5点入ります。進化リーダー殴り2回分の権利も貰えます。

盤面が狭いのと2枚目が使いづらいのが欠点ですが、間違いなく今期ウィッチのパワーの源となる1枚でしょう。

また、8コストの打点群も強力です。

《双華の結束》疾走12点、《リトルセージ》7点、《ボルケーノスプラッシュ》6点など。

双華の結束
(出典:shadowverse.jp)
リトルセージ
(出典:shadowverse.jp)
ボルケーノスプラッシュ
(出典:shadowverse.jp)

このあたりの存在により、リーサルターンはひとまず8を目指すことが多いです。

そういう点でも先述のエンペラーゴーレムは7コストなのが偉かったりします。

ひとまず軸はこの辺りなのですが、他にチェスやスペルブーストを絡める選択肢がたまにあるのが難しいところです。

《マジカルビショップ》《マジカルナイト》が揃うと盤面をぶち壊しながら大打点が出るとか、強い人ほど8コスト打点+《クラッシュレイン》を差し込みやすいとか。

ここまで《キャットマジック》の話ができませんでしたがこれもかなり強力です。分割3コスト4点。

キャットマジック
(出典:shadowverse.jp)

カードがかなり打点の方に寄っており、盤面形成・処理もそこそこなのですが回復がかなり少ないです。

《群れの召喚士》が強力なのでそれのワンオペに頼っているような状態。

《マジカルルーク》も悪くないのですが進化は必要です。ほぼこの2枚しかないレベル。

群れの召喚士
(出典:shadowverse.jp)

それに加えて守護が少ないことも弱点で、かなり攻撃力に偏って防御力の低いクラスです。やられる前にやる。

観戦ではドレインなどを躱しながら鮮やかに詰め切る手順や土・チェス・スペブ・八獄などのバランス捌きが見どころになりそうです。

必見!さに選手による2Pickのルール解説!

ビショップ

さに

ウィッチと同じく攻撃力の高さが売りのクラスです。

回復もそこそこあるのですが弱点は特に後攻で序盤中盤の盤面を捌くのが苦手なこと。

勝ち方は7PP以降の大打点疾走である《聖獣の古跡》9コスト12点、《アクアプリースト》7コスト6点、《アズライトメイデン》8コスト10点、《アストルフォ》8コスト6点などが軸になります。

《ジャンヌ》も疾走にはあまり乗りませんが当然強いです。

詠唱:聖獣の古跡
(出典:shadowverse.jp)
アクアプリースト
(出典:shadowverse.jp)

これらを《ブライトサンクチュアリ》《タウラスの加護》などで補助します。

ブライトサンクチュアリ
(出典:shadowverse.jp)
詠唱・タウラスの加護
(出典:shadowverse.jp)

この辺は実は前期と同じ戦い方なのですが、前期のTierが低すぎて実質新クラスみたいなところはあります。

これらの強いターンまで生き延びるために必要な要素を備えているのが新カード《ラビットハーバリスト》。

ラビットハーバリスト
(出典:shadowverse.jp)
さに

これのお陰で横並べ耐性はだいぶ上がりました。

《破邪の光》など縦の除去との裏表ケアを迫って凌いでいきます。

《神域の狼》本体なんかもだいぶ偉いです。

《清浄の噴水》のリソースを兼ねた回復予約もありがたく、進化を稼ぐと後半激つよカードになるのも含めてキーカードのひとつといえるでしょう。

清浄の噴水
(出典:shadowverse.jp)

他に《浄火の令嬢》はまあ流石に強い話、《エルヴィーラ》《聖遺物》は揃ったときだけゲーム勝利級に強い話や、序盤をなんとかするため兼ジャンヌ起動用として2コストフォロワーを大量ピックする話、《フェザーテンペスト》が刺さると一気に勝ちやすくなる話なんかもありますが、いかんせん触った数の少ないクラスなので一旦ここまでとさせていただきます。

強い盤面に弱いということでやや相手を選ぶクラスですが、盤面がそれなりくらいの相手には勝ちルートの強度はかなり高くなっています。

攻められると弱い中、負けないギリギリでうまいこと盤面処理と攻めのバランスを測って差し込むプレイに期待しましょう。

ネメシス

高レアの暴力と高い耐久力という2つの特徴を主に持ったクラス。

後半の打点も強いのですが、そっちメインで語られることは少なく基本的にはコントロールの文脈であることが多い気がしています。

まずバーン耐性、後攻捲り、リソースと多くの要素を兼ね備えた主軸がこの《エリーナ》です。

フェイクウィング・エリーナ
(出典:shadowverse.jp)

埋めた《エッジAF》を自力でサーチしてきたら6点回復、盤面の主導権もあります。

これの片方をAFである《ラズリ》や《ギミックレオン》で埋める《ミスティックAF》にすることで優秀なリソースカードにすることもできます。

さに

(完全に選べるわけではありませんが……)

《エヴァミア》もミスティックAFを埋めますが、サーチ対象になってしまうため優先度が落ちます。

ゲートリベレーター・ラズリ
(出典:shadowverse.jp)
ギミックレオン
(出典:shadowverse.jp)

何はともあれエリーナに進化を切りたい、というのが今期のネメシスです。

更にもう一枚、強力ではあるものの多くの議論を呼んでいるのが《カオスオーラ》。

カオスオーラ
(出典:shadowverse.jp)

1コストでランダム打点を飛ばしながらドローができ、撃つたびにデッキにカオスオーラが増えていくという独特なカードです。

1枚目が0点なことや達成後にドロー効果が消えること、9ターン以前の《シン》が絶妙に物足りないことが議論を呼んでいる理由でしょうか。あとはドローが毎ターンカオスオーラになりがち。

「4枚プレイを達成したうえでの10ターン以降では強い」のは流石に共通認識だと思いますが、9ターン以前に達成しても1コストで手札を1枚消費するため、盤面は強いものの手札の消費ペースがかなり速くなってしまいます。

ある意味大局観の顕著に出るカードといえます。

達成以前のランダム打点も人によって強い認識だったりそうでもない認識だったり。

さに

本当に難しいカードですが、自分はそれなりには好きです。
カウント進めるの楽しいし。

10ターン以降は1枚4点です。観戦する際には知っておくと楽です。

10ターンまでいかないくらいの早期の勝利には高レアのパワーカードが絡んでいることが多いです。

高レアの質の高さも売りの一つ。

《キルザエル》を筆頭に《パンドラ》《ディメンションクラック》《万識を超えたもの》など。《カットスロート》の10点パンチは次点くらいでしょうか。

弾哭の執行者・キルザエル
(出典:shadowverse.jp)
災厄の匣・パンドラ
(出典:shadowverse.jp)
ディメンションクラック
(出典:shadowverse.jp)
万識を超えたもの
(出典:shadowverse.jp)

これらに加え《フェアリーマリオネット》8コスト6点+α、《機構の暴走》9コスト9点などで締められるのが理想ではあります。

フェアリーマリオネット
(出典:shadowverse.jp)
機構の暴走
(出典:shadowverse.jp)

特にフェアリーマリオネットは《人形の団結》1枚で8点伸びるのが凄いです。

《ライル》先出しまで絡むと最大24点出たりします。ただし手札枚数管理が難しくなりがち。

ここまで強いカードの話をしているのですが、「低レアに弱いカードが多い」ことと「単純なドローが少ない」ことは大きな欠点です。

《ライトフォーカス》以外のドローが使いづらく、引いたカードだけで戦わされがち。

ライトフォーカス
(出典:shadowverse.jp)

「弱いカードをうまいタイミングで使ってカードにする」「気合を入れて《ライトフォーカス》や《精錬の用心棒》を使う」といったドロータイミングにも注目が集まります。

他には機械シナジーなんかはたまーに達成できますが基本弱いです。

シルバーは《パペットワルツ》《クリーニングドール》の方が強いことが多いかな。

パペットワルツ
(出典:shadowverse.jp)

個人的にはForestさんのアレみたいなのとか3ターン目ミスティック連打みたいなヤバ上振れが決まるところがちょっと見たいなと思っています。

勝ち方が極端になりがちですがなんだかんだ結構勝率の出るクラスです。

さに

簡単じゃない時の勝ち方に注目しましょう。

改めて新ルールをチェック!

AD

まとめ

ここまでTier1~2とした4クラスを紹介しました。

他のクラスも割とがっつり使われると思います。後編も是非ご覧ください。

後編では「ネクロマンサー・ヴァンパイア・ドラゴン・ロイヤル」の戦い方と注目カードを紹介します。

2nd Season後編はこちら!

RSPT 23-24 2nd Season本戦は2023年8月5日(土) 11時~から開幕です!

【RSPT 23-24 2nd Season本戦】
Day1:2023.08.05(土) 11:00~
⇒配信はこちら

Day2:2023.08.06(日) 11:00~
⇒配信はこちら

さに選手の発信を追いかけよう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次